ピックアップ

特別展
少年、煙と雨傘——版画による香港「反送中」運動記録

香港の人権問題に対する関心を再度喚起し、引き続き香港の「反送中」運動への支援を行っていく為、マレーシア出身の版画家、李迪權氏を招き、ここに......

 2021-10-23~2022-02-13

オンライン企画展
「土地に刻まれた傷跡:二・二八事件の遺跡-北部地区」特別展
銃声のその後に

陳儀は、対外的には武力による鎮圧は行わないと表明していたにもかかわらず、一方では中央政府(当時は中国南京)に支援を要請し、台湾での兵力配備を......

 オンライン企画展

オンライン企画展
「土地に刻まれた傷跡:二・二八事件の遺跡-北部地区」特別展
真夜中の喧騒

1947年2月27日、暴力的な闇タバコ取締りによって人命が奪われ、積もり積もった人々の不満が爆発します。大稲埕での衝突が、翌日......

 オンライン企画展

オンライン企画展
二・二八事件と学校:事件における建国中学関係者たち

逮捕、行方不明、自白の強要、銃殺といった、これらの生徒、教師たちが遭遇したことは、二・二八事件と建国中学、そして台湾の近代の民主主義発展の......

 オンライン企画展

二二八国家紀念館常設展

二・二八事件の史料と歴史記録を展示し、歴史の現場を再現しています......

 オンライン企画展

二・二八後の私たち-次の世代は歴史をどう解釈するのか

その切り口は民主化の波によって変化し、二・二八事件に対する世代間の認識の違いを反映しました。私たちは世代間の認識の違いから対話のきっかけを......

 オンライン企画展

オンライン企画展|二・二八芸術文化関連展示
あの日・あの日の後:陳武鎮二・二八関連芸術創作展

2020年、再び陳さんを招き、今回の「あの日・あの日の後:陳武鎮二・二八関連芸術創作展」を開催します......

 オンライン企画展

お知らせ

二・二八事件の紹介

「二・二八大虐殺事件」は第2次世界大戦終結から1年半も経たずに発生しました。その背景は極めて複雑で、一つの要素だけで説明できるものではありません。まず、50年にも及ぶ日本の植民統治によって、中国の政治制度や社会の現況に対する台湾人の理解は十分ではありませんでした......

二二八国家紀念館紹介

当館は日本統治時代の1931年に落成しました。台湾の歴史の変遷や政権の移り変わりに伴い、それぞれの時代において重要な役目を果たしました......

開館時間及び交通アクセス

住所:台湾台北市南海路54号
開館時間:火曜日〜日曜日 10:00〜17:00(入場は閉館の30分前まで)